Ticket is not available

Close
Event is FINISHED

21世紀最初の独立国、東ティモールの血と涙の末に悲願の独立を手にした歴史の上映会

Description
はじめに・ご挨拶


島倉徹と申します。

https://www.facebook.com/toru.shimakura

私は、普段個人事業主で、システムエンジニアをしています。

世界を巡り、その国の歴史、文化、経済等について知ることが好きです。

今までに、台湾、シンガポール、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、フィリピン、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、バングラデシュ、韓国、中国(北京、青島、上海、深セン)、ベラルーシ、リトアニア、ラトビア、エストニア、フィンランド、カタール、香港を旅しています。
東ティモールは、まだ行ったことがないのですが、近日中に渡航予定です。

自身でも旅行企画を立て、エストニアの電子国家ツアーを行ったりしております。
https://reiwa.ee/2019/05/03/shortcut-of-knowledge-about-e-estonia-eesti/


イベントについて
皆様に、東ティモールの現実をできる限り詳細にお伝えします。
また、映画に主演で出演しているアレックスは、

2017年に、心臓発作で急逝しました。

アレックスの子供はまだ小さく、経済的な支援が必要な状態です。

今回のチケット代は、peatixへの手数料や、当日上映する会場費を除き、残り全額を

養育費として、東ティモールに送金させていただきます。


映画の内容について

今回上映する映画は、「カンタ・ティモール」という映画になります。

※詳しくはこちら → https://www.canta-timor.com/

2010年に製作された映画ですが、2019年現在でも、月4回程度のペースで、

日本全国各地のどこかで上映されているような、口コミで広がり続けている作品です。

※詳しくはこちら → http://cantatimor.blog83.fc2.com/

たまたま、この映画を知り、拝見したところ、

東ティモールはインドネシア軍から25年間大量殺戮を受け続けた歴史があり、

やっとの思いで、独立を勝ち取ったということを知りました。

独立したという話は、ニュースで聞いてはいましたが、

その裏には、つらい歴史があったということを全く知らず、そんな自分が恥ずかしくなりました。

しかも、日本はインドネシア軍に間接的に加担していることも、映画を通して知りました。

皆様にも、この映画を見ていただき、東ティモールを知ってもらいたいと思いました。

また、映画に主演しているアレックスは、2017年に死去しました。

彼には、妻と子供達がいますが、生きていくためのお金を必要としています。

この映画を上映した売上を、彼らの生きるための養育費として、活用させていただければと思います。


上映会スケジュール
9月15日(日)開催 @ブルーバオバブアフリカ

東京都港区麻布台2-2-12 三貴ビル2F



16時30分ごろ~ 映画上映開始

~19時ごろ   上映終了

19時ごろ~   ジャーナリスト南風島渉(はえじまわたる)との東ティモールトークイベント

19時~20時ごろ 終了予定

※状況に合わせて、適宜予定を変更します。

ただし、どんなに遅くても21時までに終了します。16時30分には会場においでくださいませ。



最後に
皆様からの温かいお気持ちを、しっかりアレックスの子どもたちに届けます。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#465643 2019-08-24 15:52:52
Sun Sep 15, 2019
4:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
港区麻布台2-2-122 三貴 ビル 2F Japan
Organizer
海外旅行が好き
6 Followers